Sample Image

結婚披露宴で行われる内容について

結婚披露宴というものは、多くの場合、新郎、そして新婦の方が主役になれる唯一の晴れ舞台といってよいです。
特に新婦の方の場合ですと、華やかな衣装をまとって祝福をしてもらう形になりますので、最高の一日になってきます。
一般的には、挙式を行いまして、そのあとに場所を移動して結婚披露宴を行う形になるわけですが、この披露宴の内容というものも、オーソドックスなスタイルというものはあります。
会場によりまして、オーソドックススタイルには多少の差はあるものの、一般的なものとしてはほぼ同じと言ってよいでしょう。
では、実際にはどのようになっているのかと申しますと、仲人をたてない形で行う披露宴が最近はとても多くなってきておりますので、仲人を立てない場合で考えてみます。
律儀に行くのであれば、仲人を立てないということになるので、披露宴の最初には、新郎から、仲人を立てずに今回の披露宴は行うという旨、挨拶を入れておくのが良いでしょう。
そこから、披露宴スタートという形にもっていくのが良いです。
披露宴では挨拶というものが大切になります。
結婚披露宴の挨拶・スピーチの種類色々についての解説も是非参考になさってみてください。
新郎、そして新婦の上司であったり恩師であったり、このような偉い方から、それぞれ祝辞をもらいます。


偉い方から順々に挨拶を頂くのが良いです。
そして、直属の上司等になっていきます。
ひと段落した段階で、乾杯のあいさつを頂戴しまして、食事スタートという感じになっていくのです。
食事の途中では、友人らの代表による余興等が行われますし、新婦の方につきましては、お色直しというものも必要になってくるでしょう。
そして、新郎新婦が再入場し、ケーキ入刀等もとても盛り上がる場面になってきます。
このような流れで色々と行っていくわけですが、最後の最後のビッグイベントと致しましては、やはり、新婦の方から両親に対してのお礼の言葉になってきます。
これは、最大の見せ場となってきます。
このように披露宴の中では、色々なことが行われますし、慌ただしく時間が過ぎていきます。
そして、新郎新婦の方が取り入れたいものというものは、結構臨機応変に取り入れることが可能となっております。
よって、実際に、結婚式を挙げるにあたりましては、新郎新婦での相談は当然のことになってくるのですが、その後の式場関係者との打ち合わせというものも、入念に行っていくように致しまして、最高の一日の披露宴というものを築きあげていくのが良いと考えられます。
とても感動する一日になります。

Copyright(c) 2013 一生忘れられない思い出を All Rights Reserved.