Sample Image

結婚披露宴に呼ばれたときの服装について書きます

結婚披露宴に呼ばれたときの服装は、立場、場所に合わせて決めた方がいいと思います。
よく平服で、と言われることがありますが、普段着のことではないです。
女性の洋装マナーとしては、肌を露出しないこと、光る素材や透ける素材は避けた方がいいです。
白一式、黒一式も良くないです。
和装であれば、親族が着る黒留め袖です。
あとは訪問着です。
訪問着は幅広く着られます。
振り袖もあるのですが、花嫁のお色直しに使うこともあるそうなので、被らないように気をつける事が大事だと思います。
服装で気をつけることは、白一式、黒一式にならず、派手すぎないことで、アクセサリーも光り物は避けるべきだと思います。
コサージュやパールのネックレスとか、いいのではないか、と思います。
バッグも服装に合わせて地味すぎず、派手すぎずを選ぶといいと思います。
男の人はブラックスーツが多いです。
今は男の人もお洒落になってきたようで、サイトをみると、ポケットチーフの折り方やアスコットタイの結び方、カフス、カフスリンクの活用法などがのっています。
男の人は一見同じ格好に思われがちですが、小物などをお洒落にする事により、また人とは違うお洒落が出来るのではないか、と思います。


結婚披露宴はあくまで新郎親父が主役なので、呼ばれた方は目立たないようにすることが大切です。
しかし、結婚披露宴を華やかにする役目もあるので、派手すぎず、でも地味過ぎない格好で行くことで会場の雰囲気が華やかになるのではないか、と思います。
友達の結婚披露宴でついやってしまいがちなのが、柄ドレスや派手なかわいいドレスや、ミニスカート、全身ベージュなどです。
白一式た黒一式ではないから大丈夫じゃないかと思われそうですが、これも花嫁の衣装と被ってしまう、という事なのか、避けるべきと言われているそうです。
スカートの丈は膝上三センチから膝までがいいそうです。
三十代からは膝下が好ましいそうです。
披露宴に呼ばれる機会が減ってしまい、服装に関しては無知だった部分もありますが、今は制限があるなか、とてもお洒落になってきていると思います。
着るものにもマナーがあるようなので、きちんと守ってお互いに心に残る結婚式にしたいものです。
ドレスや着物が親父と被ってしまっては、お互い気まずいので気分も盛りさがってしまいそうです。
こういった知識を持って、今度呼ばれる結婚式には参加したいと思います。
二次会では、あまり制限はないようなのでどんな格好でも大丈夫じゃないかと思います。

Copyright(c) 2013 一生忘れられない思い出を All Rights Reserved.